FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
儲かる、儲ける
 一瞬、誤読してしまいそうなこの2文字だがその意味合いは大きく異なる。よく人は「あの会社は儲かってるからいいな~」とか「就職するなら儲かっている(業績の良い)企業がいいな」等と言うが、私は儲かっている会社などこの世に存在しないと断言する。もし儲かる業種があるならば私も銀行へ融資を申請し起業する。儲かるという保障があれば簡単に許可されるだろう。利益は自然発生するものではなく、追求して初めて手にすることの出来るものだと思う。つまり儲かる、儲からないではなく、儲けられるか否かである。収益を出している会社はやはり努力を怠っていない。
 カンバン方式で有名なトヨタには数多くのエピソードがある。私も何冊か関連書籍を読んだが、実践項目は非常にシンプルであり、当たり前のことを愚直に実践し続けている。工場見学などで積極的にトヨタ方式を公開するのは「他社には真似できないだろう」という自負があるのかもしれない。つまり色々な手法を導入することは容易いが継続的に実践して行くのは難しいことを熟知している。
 仕事でトヨタの工場へ行かれた方がこんな話をしてくれた。工場内を歩いていたら突然アラームがなり一斉に設備が停止した。不具合を出した工程はいつ復旧出来るかというプレッシャーの中で改善に取り組む。その間他の工程の作業員たちはモップと雑巾を持って設備周辺の掃除を開始した。こういう場合、大半の会社では休憩室に引き上げてお茶でも飲みながら復旧作業を待つのが常だろう。この光景には正直驚いたと仰っていた。この差が収益の差へと繋がるのだろう。
 
スポンサーサイト
【2010/07/20 08:00 】
| この頃思うこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<枯れました・・・ | ホーム | 7月度座談会>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/73-92894cf3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。