スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
♪通訳の現場から♪ 費用対効果
 やっぱり主婦だな~。最近の私は費用対効果が気になって仕方ない。今のバイト先は衣類用パーツの工場だが市場に出される完成品、衣類1枚当たりの原価と原価構成が知りたい!!!ついつい思い余って社長さんに聞いてみたところ、「それは言えない」と一蹴された(笑)当然である・・・しかし私の好奇心はそこでは終わらず、このパーツに如何にして付加価値を創造して行けるかという疑問を呼び寄せた。こういうパーツは恐らく規格変更はないだろうなぁ。つまり、980円の衣類でも3万円の衣類でも同じパーツがつくことになるわけだ。パーツの個数も決まっているし、薄利多売だな・・・
 時折、翻訳会社を通じ翻訳の依頼を受けることがあるが、数ヶ月も前の議事録だったりすると無駄なコストが発生していることが残念でならない。(監査対応か?)ところで無駄の定義は何か?安価だから無駄ではないという発想は危険である。安くてもアウトプットの出ないものは無駄である。例えば100万円の機械は生産に寄与すれば無駄ではなく必要なものになり、逆に1万円のものでもそこから何も生みださなければ無駄と言うべきだろう。

 この費用対効果は当然自分にも当てはめて考えている。私へ支払われる報酬を認識しその分は、いやそれ以上の仕事をするつもりでいる。無駄だったとは言わせない、残り4日間も頑張るぞ!
 
スポンサーサイト
【2010/07/13 08:00 】
| 日常生活 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<♪通訳の現場から♪ 工場あれこれ | ホーム | ♪通訳の現場から♪ 匠の技>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/68-f02d9ab7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。