スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
♪通訳の現場から♪ 匠の技
 ものづくりには常に品質が要求される。海外の生産拠点であろうが、日本であろうがどこで生産しても同じ規格と品質を顧客に提供しなければならない。安定した品質を確保するために品質規格を設け、それに対し仕上がりを評価するが、この時「上手く出来てると思う。」「これくらいはOKじゃないかな?」という感応的な判断では困る、人間の許容範囲など個人差があり当てにはならないからだ。そこでこの許容範囲も数値化し品質の安定を図る。数字は世界共通、私の1もあなたの1も同じ1である。
 ところが数値化出来ないものがある・・・今、機械のオーバーホールをしているが、ボルトの締め方の強弱、シャフトやレバーのガタ(遊び)は数値化が難しい。仮に数値化出来たとしても機差(機械ごとの差)があれば画一的な設定は有効ではないだろう。このガタ(遊び)はあり過ぎても機械の稼動に影響を与えるが、全くないと過剰な負荷がかかり部品が磨耗しライフを短縮させる結果になる。理想的なガタ(遊び)は実際に機械を触り、動かしながら、機械構造、加工条件などを考慮し経験知で導くものらしい。まさに職人の勘と腕の感覚が光る技である。私は今回の通訳の仕事で機械とは鉄の塊で無機質なものだというこれまでの認識を改めた。ひと度匠の技が加わるとまるで生き返ったようにスムースに動き出し、当然製品の仕上がりにも大きく寄与する。機械に息吹を吹き込めるか否かは職人さんの腕次第だ。
 
 私は着物が好きで一時着付けを習ったことがある。帯を締める時は最初にギュっと結んだ後、上部を緩めると長時間着ていても着崩れしない。また粋に着こなすためにはちょっと遊び心を持たせた小物などチョイスすると良い。しかしどれもこれも基本をしっかりマスターして初めて生きる技である。基本を無視した我流は粋ではなく短なるマナー違反に過ぎない。
スポンサーサイト
【2010/07/12 08:00 】
| 日常生活 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<♪通訳の現場から♪ 費用対効果 | ホーム | ♪通訳の現場から♪ コミニュケーション>>
コメント
大勝利でした!
おめでとうございます!
「近々に解散総選挙をして民意を問うべき!」
という風が吹いて来ました。
【2010/07/12 14:10】
| URL | 晋之介 #SJMMuUIM[ 編集] |
> 大勝利でした!
> おめでとうございます!
> 「近々に解散総選挙をして民意を問うべき!」
> という風が吹いて来ました。
 お疲れ様でした。今回渡タイ後初めて在外選挙を経験しました。これまでは私の1票など大した価値もないわ~と思ってました。

 たかが、選挙戦、されど選挙戦。この戦いの中に多くのことを学び日本の顔見ぬ同志に勇気を貰いました。
心からのありがとう!とバンザ~イを送ります。今後もよろしくお願いしますね!
【2010/07/12 21:41】
| URL | buakhaau #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/67-2615009d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。