スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
☆裁判日記☆ 友達だったかしら?

 PTAの役員会へ出席した夫が興奮した様子で電話を掛けて来た。なんと役員会に被告も来ていた!?というのだ。
(私達は詐欺罪の刑事事件として訴訟しているのであえて被告と呼ぶ)これから会議が始まるので詳細は帰宅後にということで早々に電話を切った夫の帰りを私は今か今かと待ちわびた。ドアを開ける夫に開口一番「どうだった?」と尋ねると、
『僕の後ろの席にいてね、背中をつつく人がいるから誰だろう?って振り返ったら彼だったんだよ。』
「それで?」
『サワディークラップ(こんにちは)って言うから、僕も挨拶したよ。』
「で?何だって?
『え?それだけだよ』
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?あり得ない。ちょっとぉ、私達の関係は原告と被告よ。いつから友情関係築いたの?」
 正直私は全身から力が抜け、夫を怒る気力も失せた。ここ数ヶ月返済義務を怠り、連絡も取れない状況だった被告と偶然会ったこのチャンスをどうして無にしたのだろう?人前での衝突を避け、出来うる限り波風を立てず円滑な人間関係を好むのがタイ社会だが、この場合にそれは適応されないはずだ。
 アメージングタイランドとはタイ政府観光局が観光誘致政策を打ち出した際のキャッチフレーズである。豊富な食べ物、煌びやかな寺院、美しい山とビーチは訪れる人を魅了する。しかしこの国で最もアメージングなのは他ではないタイ人自身だろう。この国は人間が一番面白い。 


DSCF0025.jpg

 .

スポンサーサイト
【2010/06/22 09:00 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<息子へ託す | ホーム | タクシードライバーのつぶやき>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/55-05a5970b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。