スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
震災に思うこと・・・
 東日本を襲った衝撃的な震災から10日。ニュースで詳細を知る度にその被害の広域さかつ甚大さに心が痛む。今回の震災はタイ人にも大きな恐怖と驚きを与えたようで、彼女達も自分のことのように被災地の様子を気にしている。地震発生当日とその翌日は多くのタイ人から安否確認の電話を頂いた。彼女達は日本で暮らすまだ一度も会ったことのない私の家族に思いを馳せているのだ、有難いことである。私は会社の日本人の緊急帰国業務に追われ、実家に連絡を取るのがずっと後になってしまったが幸い家族は皆無事であった。
 週明けの月曜日、CSR課の声掛けで義援金の募金活動が始まり2日間で約17万円が集まった。大手ショッピングセンターや地元の小さな市場でも募金箱が設置されているし、仕事で訪れた官庁の方も開口一番今回の震災にお悔やみ申し上げます。一日も早い復興を祈りますと仰った。こんなことからも震災への関心の高さを伺い知ることが出来よう。誰も他人事とは思っていない。行方不明者救済のニュースに手を叩き、寒波到来を告げる天気予報に顔を曇らせる・・・同苦である。
 救援物資を待つ列に並ぶ人々の映像を見てアパートのオーナーが言った。「この極限状態にあっても日本人が秩序を保つことが出来るのは政府の手腕なの?タイなら今頃、失意の余り泣き叫ぶ人、イライラを募らせ暴徒化する人、奪略、喧嘩がアチコチで起きているに違いない。」と。私はゆっくり首を横に振り、これは日本人の美徳よ、幼い頃から教育されているから出来るのだと思うと答えた。被災された方は今も寒さと不安の中でも自分を律していらっしゃることだろう。もう十分頑張っている方に「頑張って下さい」と言うのは酷だろう。

 
 私はただただ蘇生力を信じ、一日も早い復興と不眠不休で作業に当たる方々の安全を祈りたい。









スポンサーサイト
【2011/03/20 10:52 】
| この頃思うこと | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<息子の卒業式 | ホーム | バッチ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/170-2804d664
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。