スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
バッチ
 毎日オフィスで部門ごとに朝礼を行う。各自、その日の予定を述べ来客情報などを共有する場となっている。私が所属する部門のレギュラーメンバーは約20名、それに従来製造現場にいた妊婦さんがテンポラリーで加わるのだが最近その数が増えてきている。今朝は8名の妊婦さんがズラリと並ぶ姿にインパクトを覚えた。よく見ると彼女達はマタニティー用の制服の腹部にバッチをつけている。贔屓のタレントの顔バッチ、音符の形、リボンの形と自分の好みでチョイスしているようだ。バッチの意味が気になり隣の同僚の肩をツンツンとつつき尋ねたところ、お腹の赤ちゃんとお母さんを結ぶ印で、こうしておけば流産の危険性から回避出来るという昔からの迷信だとか。

 ちなみにタイの産休は90日と日本のそれに比べ著しく少ない。私は以前、上司から一人っ子は可愛そうだ、もう一人生まないの?と聞かれ、咄嗟に「誰が育てるんですか?」と答え笑われたことがある。産後の体調の回復にはそれ相当の時間を要することを私は経験から知っている。タイの女性は少しでも新生児と一緒にいたいと、大きなお腹で出産ギリギリまで働く。妊娠期間中の振動のある機械を使った作業、15Kg以上の重量を持ち上げる作業は労働法で禁じられているため、この間は各部門のサポート部隊として体に負担のない仕事を担当するのだ。
 バッチと言えば、最近それまで大事にしてきた誇り高きバッチを外した方がいる・・・付ける人、外す人、古今東西問わずバッチにはそれぞれに思い入れがあるようだ。

 さて明日の朝礼では妊婦さんが何人になるだろう?
スポンサーサイト
【2011/03/09 21:42 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<震災に思うこと・・・ | ホーム | タイ人男性VS日本人男性>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/169-bdb4bf8e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。