スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
おしん2
 おしんはタイでも非常に人気のあるドラマで最近まで再放送されていた。タイ人からおしんは実在の人物か?という質問を受ける度に、あの時代の日本女性は皆苦労していたのだと答えるのが常である。
 
 モッチャンは周囲の人から「おしん2」と呼ばれている。最初私はちょっと彼女を敬遠した。甘~い口調と派手目な服装は彼女を軽率に見せたからだ。そんなモッチャンが携帯電話に送られたメッセージをタイ語に訳して欲しいと声を掛けて来たので私は渋々承諾した。「kongetsu wa okusan iru kara aenai gomen」と打たれたローマ字を見て私は大体のことを察した。『この人日本に奥さんいるわよ。日本人男性が皆誠実だとは限らないからよーく見極めた方がいいと思う』と私はお節介をやいた。

 彼女は若くして結婚し、そして離婚した。夫の浮気相手が自分の友人だと知った時は心に鋭利な刃物を突き刺されたような感じだったそうだ。「人間、本当に悲しいと言葉も涙も出ないのよね~。子供の頃から親を悲しませたことは1度もなっかたけど・・・親の反対を押し切って結婚したのが唯一の親不孝かな。」と彼女は笑った。離婚後モッチャンは教職を辞して、いくつかの仕事を掛け持ちしながら息子と体の不自由なお母さんの面倒を見ている。「私の人生はいいことなかったな・・・でも、これからだと思う。最後は絶対に幸福になるの、今はまだその順番が回って来ていないだけ。」と言ってまた笑った。

 あれ依頼モッチャンはメッセージが来ても無視しているそうだ。モッチャンは私が思うよりずっと賢く、強い女性だった。
スポンサーサイト
【2011/01/08 12:58 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<○○アパートの女たち | ホーム | 法定最低賃金の改定>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://buakhaau.blog121.fc2.com/tb.php/162-2b3215a7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。