スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
心の仕業
 人間の心は多様に変化する・・・そしてその心が私達の身体にこれほどまでに大きく作用するということに正直驚いた。

 それは夕食後のデザートをつまみながら、○○アパートの女達と恋愛談義に華を咲かせている時だった。モッチャンの弟が失恋しひどく憔悴しきっているので心配だと彼女は顔をしかめた。その直後モッチャンの携帯電話がなり、弟が病院のER病棟へ搬送されたとの一報が入った。彼女が荷物をまとめるより早く、アパートのオーナーが車のキーを手に外に出て、そしてモッチャン、ムアイさんと続いた。私は一先ず部屋に戻って明日の朝にでも様子を聞こうと思ったのだが、「病院に行くよ!早く車に乗りなさい。」と促され結局ついて行くことになった。

 幸いモッチャンの弟は私達が想像するような馬鹿な真似はしていなかった。医師の診断ではストレスで呼吸が乱れ酸素を上手く供給出来なくなったとのこと。病室の前に青い顔をして座っている一人の青年に目が行った・・・この人が・・・モッチャンの弟の彼氏なんだ・・・。モッチャンの話では昨日まで幸せの絶頂にいたのに、今日突然別れ話を切り出され、あまりのショックに現実を受け入れることが出来ないそうだ。勧められるままに病室に入ると、抜け殻のようなモッチャンの弟にそれぞれが励ましの言葉をかけたが、こんな時私は気の利いた台詞が思い浮かばない。目頭からゆっくりと流れ落ちる涙をハンカチで拭ってやるのが精一杯だった。

 今、モッチャンの弟は山寺に篭り静かに自分と向かい合っている。
スポンサーサイト
【2011/01/29 21:43 】
| 日常生活 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。