スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
インラック政権
 タイ初の女性首相率いるインラック政権が本格的な始動に注目している。私の最大の関心事は賃金の300 バーツへの引上げの実現の可能性だ。選挙時に掲げたマニフェストでは「最低賃金」の引上げとなっていたが、先日の施政方針では「収入」と言葉を変えややトーンダウンした感は否めない。
 首相の兄であるタクシン氏は訪日中のインタビューで「日当にしてわずか10ドル、月にしても240ドルで大した額ではない。一時的に物価の上昇を引き起こしても2年目からは横ばいになる。」とコメントしていた。収監を恐れ海外を逃亡中の大富豪にとってはわずかな額であっても、中小企業の経営者に与えるインパクトは強く頭の痛い話だろう。地方では現行賃金に対し9割アップになるところもあるが、昨日と全く同じ仕事をし会社への貢献度は同じなのに労務費だけが上がるのでは腑に落ちない。妥協案としてまずはバンコク及び副都心7県で先行して実施し、その他は4年程度の間に段階的に上げて行くようだ。
 新政権のバラマキ政治には早くも苦言を呈す人が多く、上記賃金の改訂以外にも農民へのクレジットカード発行などという意味の解らない政策もあると言う。タイでも最も所得の低い人達に安易に物欲を掻きたて借金だけを増やすことが生活の質の向上へ繋がるだろうか?マリーアントワネットの「パンがないならお菓子を食べればいい」という迷言を思いださずにはいられない陳腐な発想である。特権階級にしか味わえない世界を甘受して来たインラック女史がどれだけ民衆と目線を合わせられるか、先行き不安だがタイは日本のように簡単に首相を交代出来ないとタイ人が苦笑した。

 そしてその日本でまたまた首相の交代があった。野田氏は松下経営塾時代に誰のための政治か?という質問に「子供を背負っているお母さんのため」と答えたそうだ。そして政治は庶民の上にあるのではなく庶民の隣にあるとも。今もこの思いが色褪せていないことを願うのは私一人ではないだろう。
スポンサーサイト
【2011/09/04 15:54 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(1) |
タイの病院
 エアコンの当たりすぎだと思うが体調を崩して病院へ行った。私にはタイの社会保険ともう1つ会社で加入して頂いている日系保険会社の保険の2種類がある。後者は保険対象治療範囲が広いため、病院でこの保険証を提示すると必要のない検査までアレコレされてしまう。発熱した体はだるく一刻も早く薬を貰いアパートで休みたいのに、悠長に検査結果を待っているほど体力の余裕はない。私は迷わず社会保険証を受付に提示したがそれはやがて大きな後悔へと変わった。
 この病院は地元でも有数の大病院で設備、サービスともになかなかである。以前入院した知人を見舞った時に、ホテルかと思うほどの清潔で利便性に富んだ病室に驚いたほどだ。メディカルチェックで訪れた際も待合室には飲料水、お茶、コーヒーが置かれていた。ところが社保患者用には病棟の離れに別棟が設けられており、そこは待合室の椅子もプラスティックの簡易なもので、何より私をげんなりさせたのは簡素な建物から溢れ出る患者の多さであった。「あぁぁぁ、一体何時間待つことになるのだろう?体力持つかしらん」と一人つぶやいたその時受付けのスタッフが私の勤務先を尋ねた。その回答から社保以外に保険に加入しているはずだと言うことでおもむろにもう1枚の保険証を差し出すと本館に案内された。こちらはローカル色一色だったさっきとは大きく異なり患者の中にチラホラ外国人の姿も見える。革張りのソファーにゆったり腰を降ろし目を閉じていると間もなく診察室に呼ばれ、結局会計まで30分ほどで済んだ。
 ちなみにタイの社会保険は指定病院でしか使用出来ない。リストの中から自分でチョイスするのだが、ひどく込み合っている、または自宅から遠いなどの理由で被保険者にとっては使い難い。その為、軽症であればクリニックへ行って済ませるが、ここは勿論社保適用外のため自己負担となる。この負担を補填すべく多くの日系企業では医療費補助または別途外資系の保険に加入してくれているのだ。有難い福利厚生の1つである。
【2011/05/29 08:00 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(1) | トラックバック(0) |
タイ語の辞書
 週末チェンマイの息子から電話が掛かって来た。父親と辞書を買いに書店へ来ているがどれにして良いのやら迷っているとのことであった。来週末にはチェンマイに帰省するからそれまで待てば一緒に見に行ってあげると約束したが気が急いて今すぐに欲しいらしいことは受話器を通しても伝わって来る。単語数の多いものは例文掲載が少なく、例文の多いものは単語数が少ないのでどれも帯に短し襷に流しといったところだろう。
 私自身は携行用には松山納先生のタイ・日、日・タイ合併版を用いている。そしてこれとは別に故富田竹次郎先生のタイ・日を自宅に眠らせている(苦笑)こちらは例文も多く、言葉の背景にあるタイ文化にも言及しているが埃をかぶったまま最近では開かれることもなくなった。
 息子のクラスメート達の大半が高校で始めて日本語を学ぶ生徒達であるが、皆それぞれに辞書や日本語レッスン本を抱えて誇らしげに教室に入って来るようだ。日本語を学ぶ動機は人それぞれ、法律家の父の仕事を手伝いたい人、日本の漫画を原語で読みたい人(これはうちの息子)、友人に誘われた人、日本の若者文化に強く惹かれる人などなど。しかし皆に共通して言えることはただ1つ、必ず日本語をマスターしてみせるという意気込みだろう。息子の会話からは新学期の教室で夢と希望に溢れた青年達の姿が浮かび上がり、その輝きに微笑ましさと、ほんの少しのジェラシーを感じる私である。

 さて、さんざん迷った挙句息子は語彙の多い辞書を選んだ。辞書はレベルに応じて買い換えれば良いし、どんな辞書でも熟読すれば必ずそこから得るものがある。仮に完璧だと思われる辞書でも漬物石のように寝かしたままでは何1つ吸収できないことを告げると本人も納得したようだ。
【2011/05/23 19:21 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ホクロ効果?
 子供の頃夏休みの楽しみの1つが母と出掛ける夜店市だった。色とりどりの商品を所狭しと並べる屋台に心が躍ったのを覚えている。ここタイでは夏休みでなくとも、そう連日連夜夜店が立ち並ぶ。食品、衣料品、アクセサリー、日用雑貨、CD、DVD、骨董品、ペット等々実に豊富な品揃え。
 先日アパートのオーナーオイさんと出掛けた際に「ほくろ矯正します」という不思議な看板を発見した。店先には男女の全身を現す怪しげな絵が掲げられホクロの位置とその効果について説明している。普段アパートのフロントで来客対応をしているオイさんはなかなか外出する機会がないが、今日は姪に交代してもら久々の自由時間を持った。「そうそう、こんな時でないと出来ないわね。ちょっと寄って行くわ~」と吸い寄せられるように店に入っていった。
 店と言っても建物があるわけではなく、立て看板の裏側に小さな椅子2つと、麺棒、消毒液、ピンセット、そしてなぜか清涼飲料水のビンの蓋が置いてあるだけの簡素な作りだ。オイさんは小さな椅子の1つに腰を下ろし「背中の怠慢ホクロ取ってくれる?」と着ていたTシャツをまくりあげた。施術を担当した16、17歳の女の子は世間話をしながら手際よく処置を始めたが、思いがけない展開に正直私は固まった・・・これから起こることを見てみたい気もするが、元来小心者のため直視する勇気はない。右手で目を覆い、人差し指と中指の隙間から恐々覗いてみると、オイさんは「全然痛くないわよ。あれ?もう終ったの?ついでにあと2つ、3つ取って貰おうかしら」と余裕の笑みを浮かべている。結局、3つのホクロを取り、入浴時に水が掛らないよう先ほどのビンの蓋で傷口をカバーして終了!時間にしてわずか10分程度、250バーツ也。
 帰り道オイさんは上機嫌であった。「あのホクロがあると、一日中食っちゃ寝の生活になってしまうけど、これからはキビキビ動くから見ていてちょうだい」と自信たっぷりに言い放った。オイさんは最近急激に増えた体重を気にし、効果なスポーツウェアを購入してウォーキングを試みたが3日と続いた試しはない・笑

 どんな施術をしたかは未だに不明だけど、傷口は化膿することもなく術後のトラブルはない。そして翌日からオイさんの生活は激変した!!!宿泊客とのトラブルでメイドさんが突然辞めてしまい、掃除、洗濯、受付を全てを自分でこなさなくてはならず朝6時から夜10時まで働きづめだ。う~む・・・これはホクロ効果だろうか???
【2011/05/22 10:03 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(2) | トラックバック(0) |
Air Asia
 チェンマイへの帰省にはエアーエイジアを使っている。センセーショナルにタイへ参入した当初に比べ格安ぶりはやや衰えた感はあるが、それでも他社に比べ安いし発着がドムアンではなくスワナプーム空港であるのはシラチャーまでのアクセスに便利である。同じく頻繁にエアーエイジアを利用する友人曰くdelayが多いからビジネスにはお勧め出来ないとのことだが、TGの愛称で親しまれているタイ航空だってかつてはよく遅れた。私は密かにTGとはTomorrow Go(明日出発する)の略かなと思っていたくらいである。
 
 さて、先週末夕方チェンマイを出発した飛行機は天候の影響でスワナプーム空港への着地が許可されず急遽ドムアンへ降りたった。ここで給油を行うため30分ほど時間を要すことを詫びる機内アナウンスを気に留めることもなく私は読みかけの文庫本に目を戻した。この時機内の誰もが30分くらいならマイペンライと思っていただろう。ところが1時間経過しても飛行機は駐機したままで一向に離陸の気配がない。たまりかねて乗客の一人がCAに質問すると、給油車は到着したが梯子がないため給油出来ない、今梯子の搬送を待っているとのこと。そのうち乗客はざわつき始め、「一体いつまで待たせるんだ!こういう時他社なら機内サービスがあるけど、エアーエイジアは水一杯も出さないのか~」と機内は次第に険悪ムードへ突入。ここで降ろしてくれ、いいえそれは航空法で禁止されていますというCAと乗客のやり取りが繰り返され2時間経過。やっとのことで梯子到着、10分程で燃料の補給を終えた飛行機は無事スワナプーム空港へ着陸!機内で缶詰にされること約2時間半、そしてドムアンからスワナプーム空港までの飛行時間わずか5分・・・
 大幅なdelayにより空港からシラチャーまでの最終バスに乗れず、プロモーションの格安航空券代1,100(往復)より高いタクシー代を払ってタクシーで帰宅。タクシーも近距離のお客しか想定していないらしくこれまた途中で給油。
 それにしても、飛行機の燃料ってそんなにギリギリで運行しているのだろうか?
【2011/05/02 16:54 】
| タイ人とタイ社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。